Mastercamオプション (C-hook)

フィーチャベースドリル加工プログラム自動作成オプション: ProDrill

Prodrill

Mastercam用フィーチャ・ベース ドリル加工プログラム作成支援ソフト!
面倒なドリル加工の工程作成を自動化!
ProDrillはドリル穴に対するツールパス作成や反復的な加工工程の
作成作業を自動化する強力なツールです!

 

ProDrillは、Mastercamはもちろん他のCADシステムのモデルデータにも対応!
簡単な操作で、ソリッドモデルやサーフェスモデル上にあるドリル形状を自動識別し、更にライブラリから穴加工の工程を自動的に割り当てます! 今まで非常に手間がかかったドリル・タップ・リーマ・座ぐりなどの穴加工プログラミングを完全に 自動化します。

ProDrillでは、モデル上にある穴形状に対して、ドリル加工の工程を自動的に割り付けるため、モールドベースのような異なるドリル加工が多数必要な形状に特に威力を発揮します。
また、多軸で穴加工を行う場合にも、オペレータ側で工具平面の設定を行う必要がなく、すべて自動で多軸ドリル加工が行えます。

 

 

 

3次元のCADデータ→穴形状を識別→加工工程の割り当て

複数の異なる穴形状がある

3次元モデル

 

1クリックで、モデル上にある
穴形状を自動認識

 

さらにもう1クリックで、
各穴形状に対するツールパスを数秒で生成!

▲Top▲

2次元の円弧・点情報→ドリル形状割り当て→加工工程の割り当て

2次元のワイヤーフレームにライブラリからドリル形状を作成することも可能です!

 

▲Top▲

2次元の円弧・点情報→ドリル形状割り当て→加工工程の割り当て

形状ライブラリから、各形状・各寸法ごとに加工工程の作成が可能です。 もちろんシミュレーションも簡単に行え、視覚的に チェックすることができます。

▲Top▲

ProDrillの特徴

  • Mastercam®および各種CADシステムのソリッド・サーフェスデータから穴形状を自動識別、 ライブラリから合致する形状を検出し、加工工程の自動割り付け。

  • リーマ加工・タップ加工などのフィーチャの視覚的な設定機能。 主なCADシステム(SOLIDWORKS®、TOPsolid®、TOPmold®、CATIA V5®など)で設定した フィーチャのインポート。

  • ライブラリに合致するドリル形状がない場合、自動的に新規形状を登録。

  • 工具とワーク間の干渉チェック機能。 選択した工具平面にある形状のみを識別し、ツールパスの生成が可能。

  • 加工工程の最適化(中空作成、最大ドリル深さ、リーマ加工、反対面からの加工などの設定)。

  • 最適な工具を使用したツールパスグループの作成。

  • 加工時間・加工リストの詳細レポートを自動作成。

  • 2次元ワイヤーフレームモデルに対しても、簡単な操作で穴加工の工程を作成。

  • 直径の大きな穴形状の加工時に、自動的にヘリカル切削ツールパスを作成。

  • 工具平面の自動割り出し。

  • 無駄なエアカットを削減するため、工具平面の回転を最適化。

▲Top▲

ProDrill 動画チュートリアル

ProDrillの基礎 序章

ProDrillを使ってみたい方のために基本操作を体験いただける動画チュートリアルをご用意いたしました。この章で作業する内容の概要はこちら

■インストール方法:任意の場所にダウンロード後、解凍してご利用ください。

P0_Prodrill_Basic.zip ファイルの内容 サイズ 所要時間
操作概要説明PDF P0_Prodrill_Basic.pdf
操作チュートリアル P0_Prodrill_Basic.exe 11.5MB 約3分
Mastercamデモ版請求C-hookメンテナンスサイト
Mastercamは世界No.1のインストール台数実績を誇る3次元CAD/CAMシステムです。
.
Last Update 2016-10-05
Copyright© 2016 GENETEC CORP. ALL RIGHTS RESERVED.