トータルソリューション: SOLIDWORKSアドオン 加工性と加工コスト検証ツール

DFM シリーズ (Design For Manufacturing)

DFMとは、「生産性を考慮した設計」。つまり、設計された製品を実際の製造工程に適合するよう、設計に考察を加えるプロセスや設計に改良を加えることです。 デザインに製造要件を付加することで、トータルリードタイムの短縮と設計者の自由な発想をサポートします。

DFMシリーズ製品概要

ルールを設定するだけで、加工の可能/不可能、効率、精度、コストを検証するツールです!


DFMシリーズは、3次元モデルから自動的に加工性やコストを検証するSOLIDWORKS®アドオンソフトです。

設計者が加工性や製造コストを検証するためのツールで、加工に関わる設計ノウハウをルール化し、自動的に検証を行うことができます。 DFMの検証は、問題場所や値など具体的に指摘が行われるため、デザインの初期段階で製造に関わる種々の問題を予測できるため、設計の手戻りを削減できます。

また、DFMシリーズの特徴でもある「検証ルール」の組み合わせは、パターン登録できますので、様々な用途に対応が可能です。


設計者の自由な発想をサポート

設計の初期段階では、細部にとらわれず、自由な発想で形状検討を行い、加工性やコストなど、DFMの指摘に基づいて仕上げを行なうことで多彩なデザインを促します。

確実なチェックで手戻りを削減

自社に必要な検図ルールを作成し運用できます。システムによる確実なチェックで手戻りを削減すると共に、加工性が考慮されたアウトプットによりコスト削減にも寄与します。

設計品質を底上げして、教育コストを低減

サーバーによるルール管理で統一した運用が図れるため、組織全体での設計品質レベルアップに貢献します。また、新人への教育に際し、ルールに基づいた具体的な指摘により、短時間での戦力化が期待できます。

DFMの検証例

加工コストの検証例

切り欠き部コーナーエッジの加工性検討   シャープエッジでは放電加工が必須でコスト高。
コーナーRや捨て穴加工を施すことで切削で加工できます。


ドリル加工の検証例

中空部品へのドリル加工を検証。
左は加工が中空部に達した時に片肉加工となるため、
振れが発生し 加工精度低下やドリル欠損が発生する。

■開発元:  ディー・エフ・エム株式会社
■お問い合わせ先: 株式会社ゼネテック エンジニアリング・ソリューション本部
TEL:03-3226-8989 mastercam@genetec.co.jp
Mastercamは世界No.1のインストール台数実績を誇る3次元CAD/CAMシステムです。
.
Last Update 2016-10-05
Copyright© 2016 GENETEC CORP. ALL RIGHTS RESERVED.