FlexSim

製造工場、物流倉庫の生産性向上・効率化に最適な3Dシミュレーションツール

FlexSimは、生産ラインや車庫内の配置など、現状の分析から課題を発見し、複数の改善案を数値とグラフなどで可視化することができるソフトウェアです。コスト削減や人員不足への対応などの課題を解決し、工場の生産性・利益向上に貢献するベストソリューションです。

3ステップでシミュレーションを素早く作成

1. 標準のライブラリから3Dオブジェクトをドラッグ&ドロップで配置

2. 3Dオブジェクトに処理時間や速度を入力

3. 自動で稼働率や生産量をグラフと数値で可視化

動画はこちら→ 

生産性を向上するためには?

現状の診断・分析と複数の改善案(コスト含む)を数値化して最適な答えを出せます。

FlexSim使用例1:最適搬送FlexSim使用例2:最適動線FlexSim使用例3:最適な設備レイアウトFlexSim使用例4:リソースの最適化

Q.作業者をAGVに置き換えた時に問題なく搬送できるか事前に検討したい

 
 

垂直搬送機を含むような3次元的なレイアウト検討も可能です。
 

 

 

 
実際の速度、一度に運べる個数などを入力し、人の場合とAGVの場合を比較します。

Q.複数の作業員が通る導線を把握して安全性を検証したい
 

 

障害物を考慮した計算時間を実行
・作業員は障害物をよけて進むので、その分の時間が計算可能
・よく通る場所をヒートマップで色分け表示することで危険個所を特定

 
 
※A*探索アルゴリズムはカーナビやゲームで利用されている一般的な経路計算手法です。FlexSimではA*モジュールを使うことで干渉を考慮した作業者やフォークリフトの移動を計算し、ビジュアル化できます。
 
 
▽ヒートマップで色分け表示されたシミュレーション

Q.機械の配置を変えたり、新設備を導入して生産性を向上できるか検討したい

          

Q.目標の生産数に対して機械・作業員の数を最適化したい
 

 

 

実験ツールでシナリオを作成し、従業員の数を最適化

※実験ツールはFlexSim単体で使用できますが、最適化にはオプション製品が必要となります。

 
機械の稼働率をグラフで比較

 

 
作業員が1人の場合と2人の場合では大きな違いがあるが2人と3人ではそれほど大きな違いがみられない

エミュレーションツールによるデジタルツイン

FlexSimは、OPC DAクライアント機能を有しており、作成したレイアウトの対して、工場内のPLCやロボットなどの実機からの信号をOPCサーバ経由で受信し、 工場の稼働監視等の目的で利用することも可能になっております。

導入効果:事業計画スピードアップ

従来の方法

・Excel等で計算した後、図面を使ってプレゼン資料を作成
・勘と経験に頼った改善案、専門家以外にはわかりにくい説明

FlexSimなら

・3Dグラフィックでシミュレーションとプレゼンテーションを一体化
・より効果的な改善案を仮想的に検証・アイデアを共有化!

導入実績

導入されている業界

FlexSim主要顧客(海外)

製造業


ABB
Abbott Laboratories
AB-InBev
Apple
Ball Aerospace
Baxter
Boston Scientific
Boeing
Carrier
Caterpillar
Coca-Cola
Cummins
Dell
DuPont
Eli Lilly
FIAT
Ford
FOXCONN
GE
General Mills
Gillette
GOOD YEAR
HELLA
John Deere
KOMATSU
Lockheed Martin
MAGNA
MICHELIN
Nissan North America
Pfizer
Pratt & Whitney
Raytheon
RYOBI
Sigma Alimentos
Tesla
Tetra Pak
Toyota North America
Unilever
VOLVO
VW

OIL


Schlumberger
Shell
 

複合サービス事業


Deloitte
Disney

小売業


Amazon

物流


APL Logistics
DHL
FedEx

建設業


Bechtel
CannonDesign

情報通信業


Google
IBM

お気軽にお問い合わせください。03-3226-8989受付時間 9:00-12:00 13:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料請求はこちら