ゼネテックのCAM導入支援&技術支援

Mastercamの導入から立ち上げまで、機械加工のエキスパートが支援します!

CAMはNC工作機の加工プログラムを作るツールであるため、ソフトを使いこなすためには機械加工の知識と技術が必要です。どんなに良いソフトでも使いこなせなければ意味がありません。ゼネテックのエンジニアはほとんどが機械加工の現場経験者です。マシニングセンタや多軸加工機、複合旋盤や多関節ロボットの操作など様々な加工機に対応できるエキスパート集団です。ゼネテックはMastercamの導入から加工の立ち上げまで支援します。

エンジニア保有資格
機械加工 特級技能士
マシニングセンタ 1級技能士
数値制御旋盤 1級技能士

2軸加工から同時5軸加工、複合旋盤加工までフォローします!

CAD/CAMを導入するほとんどのお客様は多軸加工や複合旋盤加工へトライする事を考えています。ゼネテックは2軸加工のフォローから多軸加工の提案まで幅広く対応しています。特に複合加工機は旋盤加工とマシニングセンタ加工を1台の機械で行える工程集約がメインの工作機械です。ゼネテックには長年の現場経験とCAMサポートを行ってきたノウハウがあり、 加工段取りや加工方法のアドバイスに加え、実加工で問題点が出た時には原因が工作機械側なのか、CAM側なのかを適時判断出来るエンジニアが多数在籍しております。Masteracm を使用した最適な加工ソリューションと加工立上げを提案します。

500社を超える多軸加工ユーザーの導入支援をしています

ゼネテックは国内において500社を超えるお客様の多軸加工の導入支援を行っています。CAMによる多軸・複合加工の立ち上げには多くの情報や知識・経験が必要です。工程検討は元より使用するツーリングの選定や治具構想、機械設定などが求められます。ゼネテックはこれらの要素をユーザーと共に検討し、アドバイスを行います。時には工作機メーカーやツーリングメーカーと協力し対応にあたる事もあります。今後も関係各所との連携を強化しつつ、Mastercamの導入支援を行っていきます。

 

300種類を超える多軸・複合POSTプロセッサを開発

POSTプロセッサとはCAMで作成したツールパスをNC言語に変換するためのプログラムのことです。POSTプロセッサが無ければ工作機械を動かす事はできません。POSTの開発能力により加工現場が望むNCプログラムが出力できるかどうかが左右されます。ゼネテックはこれまで多軸・複合加工のPOSTを300種類以上開発しています。

主な対応言語
FANUC、 OSP、 MELDAS、 TOSNUC、 BROTHER、 CINCOM、 HAAS、 SIEMENS、 HEIDENHAIN

充実したMastercamの導入支援体制

ゼネテックではCAD/CAMの導入に対して様々な支援をおこないます。下記のような充実した導入支援体制を整えています。

お気軽にお問い合わせください。03-3226-8989受付時間 9:00-12:00 13:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料請求はこちら