Mill 3D

-複合面3軸加工-

Design、Millの機能に加え、複合面を対象とした3軸加工に対応。荒取り・仕上げともに多数の加工パターンを搭載し、形状・素材に応じたツールパス選択が可能です。

機能紹介

荒取りポケット加工

ワークの外周輪郭を等間隔でオフセットして加工します。コーナー部へのR 挿入など工具に負荷をかけない工夫が随所に盛り込まれています。

エリア荒取り

外側から切り込み、ダウンカットを維持しながら片刃切削します。高送りによる荒取りに最適です。

追い込み加工

荒取り工程で取り残した部分を切削し、仕上げ工程の工具負荷を軽減します。前工程、STLデータとの比較で取り残し部分の検出が可能です。

フローライン加工

面の流れに沿ってツールパスを作成します。面の曲率と平行に削っていくため負担が少なく、仕上げ面の精度が高いツールパスです。

仕上げ等高線加工

Z軸切り込み一定の等高線加工に加え、傾斜が緩やかな面を自動検出して、その領域のみを加工するツールパスを同時に作成します。

ハイブリッド

曲面加工時に等高線とピッチ一定加工を傾斜角度で切り替え、継ぎ目のない高精度な加工面を実現します。

ブレンド加工

2本の輪郭線の間で加工経路を徐変させるため、無駄な切削動作を減らし、形状に沿った仕上げツールパスの生成が可能です。

スキャロップ

選択した曲面に対して等ピッチでツールパスを生成します。形状の特性(緩・急斜面など)に関係なく面精度を均一に保つことができます。

取り残し加工

仕上げ加工で取り残した部分を小径の工具で切削します。工具負荷を考慮し、ワークの外側から徐々に切り込んでいきます。

ツールパス最適化機能

 

 

サイクルタイムの最適化と仕上がり面をコントロールします。設定したトレランスの範囲内で、ツールパスの単純化と均一化を行い、スムーズな動作に変換します。この最適化機能を用いることにより、パーツ加工面の品質と加工精度が向上します。

お気軽にお問い合わせください。
03-3226-8989 

受付時間 9:00-12:00 13:00-18:00 [ 土・日・祝日除く]